子どもの巣立ちまでに親ができること

先月から、我が家のベランダの一角にハトがやってきました。
気づいたら、卵が(*^-^*)


母トリが一日中温めて♡
ご飯はどうしてるのだろう?と思っていたら
父トリと思われるハトが、せっせと何かを運んでいる。

Processed with MOLDIV

毎日観察するのが、私の日課になっていました。
雨の日も風の日も、健気な姿に感動。
そして、ある日卵が割れていて!
ヒナが産まれてました♡

産まれたあとも、甲斐甲斐しくずっと温め続けている。
子どもを守るのは、生まれながらにもっている本能なんですね。
人間もトリもみんな一緒だなと改めて思いました。

私には5歳の息子が一人います。
巣立つまでは、あと何年もありますが、きっとあっという間なのでしょう。
特に食生活に関しては、幼少期からの習慣が大人になってもずっと続くと思うので、今のうちから食選びに関しては、私自身も気遣っていますが、
子どもが自分自身で選ぶことができるようにしたいなと思っています。

幼いころからの習慣
食事・言葉遣い・他者への振舞い方・生活習慣は、
自然と身に着けるもので、他人は教えてくれないものだと思っていますから。

人生100年時代。
どう生きるかは自分次第。
せっかくなら、健康で、やりたい事がやりたい時にできるカラダでありたい。

子どもが巣立つ前に、
一生を左右する食選びについて、正しい知識を身に着けていてほしいから


5日間、メールでお伝えしています♪

「食事選びは一生もの! 免疫力をアップさせる食事の選び方と 腸の育て方 5days Lesson」の購読申し込みはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る